大地の恵みトップページへお取引きをご希望の業者の方はこちらへお問い合わせください。FAX注文書ダウンロード
HOME商品紹介ご利用ガイド長谷川広商店のご紹介新着情報お問い合わせショッピングカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
小麦粉社長のブログ
おいしいお菓子で町おこし
にぎわいどっとこむ。「岩槻ねぎプロジェクト」
有機食品の検査認証制度
ホーム>町おこしプロジェクト
町おこしプロジェクト
【伝統野菜 岩槻ねぎ】さいたま市ブランド構築戦略型モデル事業に採択されました
掲載日: 2010/2/25
サムネイル 【岩槻ねぎプロジェクト】伝統野菜 岩槻ねぎがさいたま市ブランド構築戦略型モデル事業に採択されました。
ぶらり岩槻観光「ねぎわい」マップが完成し配布されました。
<平成22年2月25日(木)マップ製作配布発表会で
清水市長がねぎ売りに変身!?
岩槻ねぎがさいたま市ブランド構築戦略型モデル事業に採択されました。

>>>「ねぎわい」マップ製作配布発表会の様子(動画/埼玉TV)

平成22年2月25日(木)16:15より
【岩槻ねぎプロジェクト】
ぶらり岩槻観光「ねぎわい」マップ製作配布発表が行われました。
清水勇人さいたま市長と当倶楽部メンバーが上記表題にて市長室で会見を行いました。

■プロジェクトについて
 さいたま市では、市内事業者等を対象にした「さいたま市ブランド構築戦略型モデル事業」に取り組んでおります。この事業は、本市の特徴や地域資源を活用した商品やサービスを創出し、新たな地域振興ブランドへと昇華させることで、地域産業全体の活性化を図ることを目的としています。
 このたび、平成21年度より採択事業となった「岩槻ねぎ(本市岩槻区)」プロジェクトにおいて、「岩槻ねぎ倶楽部(事務局:有限会社長谷川廣商店)」が結成され、地元に伝わる伝統野菜「岩槻ねぎ」と、太田道灌が築城して以来五百余年の歴史を刻んできた城下町の観光資源を活かした「ねぎわい」づくりのため、岩槻ねぎを使った料理を提供する店舗と、同区の観光案内を盛り込んだ「ぶらり岩槻観光「ねぎわい」マップ」を製作、配布いたします。

■岩槻ねぎについて
 「岩槻ねぎ」は、古くから荒川(現:元荒川)沿いの肥沃で水捌けの良い台地で栽培されてきました。主な特徴としては、1株から数本の茎が伸びる「分けつ性」の「青ねぎ」であり、とても軟らかく甘みの強いことが挙げられます。また、古典落語「たらちね」にも「岩槻ねぎ」の名前が登場するように、江戸時代以前から関東の広い地域で親しまれてきた「京野菜」ならぬ「武州野菜」の1つでもあります。戦後、品種改良された見栄えの良い深谷などの一本ねぎにおされ、「見栄えも悪くて軟らかく積み重ねができない」岩槻ねぎは、徐々に廃れていき、いつしか人々の記憶から消え、「幻のねぎ」となってしまいました。 平成15年、岩槻の文化を再発見と継承を目的に同区地元有志により結成された「岩槻ときめき文化の会」が、岩槻ねぎを使った「ねぎわい」復活の狼煙をあげ、数年の試行錯誤の後、このたびのマップ製作へと至りました。同会では、岩槻ねぎの復活だけでなく、料理の研究や取り扱い店舗の掘り起こしも行い、昨年5月に行われた「第4回埼玉B級グルメ王決定戦」では、「岩槻ねぎ塩焼きそば」を掲げて出場し、初登場ながら見事準優勝を獲得、多くの人々にさいたま市の新たなブランドとしての記憶を植えつけ、「ねぎわい」の第一歩を踏み出しました。
 以上のように、同市前述事業として採択していただいた「岩槻ねぎ」のブランドは着実に育ちつつあります。さいたま市としても、市の新たな地域振興ブランドとして定着・発展することを目指し、きたるべき観光時代に対応すべく、日本内外からの観光客誘致の先駆けとして、同事業の継続的発展と地域経済活性化による地域振興にご協力いただいております。また、「さいたま市ブランド構築戦略型モデル事業」では、他にも「豆腐ラーメン」「赤山渋」を支援しており、本市の地域資源を活かした商品等の創出によるブランド化戦略を行っております。(詳しい内容はさいたま市経済局経済政策課まで)

■マップ概要
名称 ぶらり岩槻観光「ねぎわい」マップ
仕様 A3カラー、4つ折り
配布 さいたま観光コンベンションビューロ、岩槻区内公共施設、岩槻駅及び
東岩槻駅、雛めぐり開催期間中(2/27〜3/28、一部参加店)等
問い合わせ先 岩槻ねぎ倶楽部事務局 有限会社長谷川廣商店(048-756-0472)

>>>さいたま市ホームページ ねぎわいマップ
こちらで「ねぎわいマップ」のダウンロードができます。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6

【岩槻ねぎプロジェクト】埼玉県産の伝統野菜‘岩槻ねぎ’
掲載日: 2009/1/5
サムネイル 味は甘く柔らかい。‘ぬた’などは最高にうまい、うどん、 ラーメン、天ぷら、味噌汁、炒め物に最適です。 
青身も 使えるビタミン豊富な健康野菜として普及拡大したい
低農薬で作れるねぎです。
作る人にとっても体に優しく負担の少ない農業になります。
>>>“埼玉ビジネスウォッチ”特集「岩槻ねぎ」2008年11月15日放送(動画)
岩槻ときめき文化の会
会長である当社長谷川が取材を受けました。

◆岩槻ねぎを取り上げているのは・・・◆
古典落語の人気演目「たらちね」にも登場する伝統野菜。

私の生まれ育った岩槻のちょっと素敵な友人、先輩、恩師、小中学校の同級生、青年会議所の元メンバー、商店会、取引先の方々、ひなめぐりの会員、岩槻ときめき文化の会、観光委員会、農家、商工会議所、さいたま産業財団、さいたま農林振興センターの方々と面白い活動をしています。

それは、古典落語『たらちね』。
その中に江戸の頃より愛された岩槻ねぎが取り上げられています。
縁あって、それを食べ続けて1年半、旨さにはまっています。
是非この素晴らしいものを復活させようと活動をはじめました。

3回目の試食会を今年1月の岩槻ときめき文化の会の新年会という形で歴史ある料亭鮒又様で行いました。
話し合って、得意の川魚料理ではなくねぎ尽くしで岩槻ねぎのフルコースを作って頂きました。大好評でした!

こんなに美味しい岩槻ねぎがスーパーの販売の仕方に合わないという理由で、この30年市場から消えていたという事実。
農家の同級生に聞いてみると、いつも食べているのは自家消費用に造っている岩槻ねぎ、売るのは硬くて美味しくないけれど日持ちのする一本ねぎ(白いところが長いもの)。
青みは硬くて美味しくないので切ってしまうとのこと。
それで合点が行った「美味しかったぬたは食卓になんで出てこないのだろう」と言う素朴な疑問の答え。
スーパーの功罪がここに現れている。

こんなにおいしいものが、山に積んで売る売り方に合わないと言う理由で消えて行くという歴史を聞き残念でならない。
低農薬で、甘く、やわらかく、香りがいい、そして作る人にとっても体にやさしい負担のない農業ができる。

この現実を変えられるのは我々と異口同音に話しています。
皆様もこの美味しくて楽しいプロジェクトに参加してみませんか!

>>>岩槻ねぎ関連資料(PDF)

岩槻ときめき文化の会
会長 長谷川芳雄

□==========================================□
 岩槻ねぎを地域ブランドに育てよう!!
□==========================================□
 ○岩槻ねぎを農商工消の力を合わせて復活させよう
 ○地場野菜の地産地消の促進を図ろう

 1.食料自給率プラスになる
 2.生産者のプラスになる
 3.加工業者のプラスになる
 4.流通業者のプラスになる
 5.小売店・飲食店のプラスになる
 6.消費者のプラスになる

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6

【町おこしプロジェクト】桜のケーキで町おこし
掲載日: 2008/4/1
サムネイル 私たちの町岩槻では、さいたま市と合併し、雛めぐりのイベントをきっかけに町おこしを皆でやっていこうと、町の人形やさん、町の有志(様々な異業種の方達)、観光協会のメンバーなどと企画し、こんな華やかでかわいらしい桜のパウンドケーキを、この春販売しています。
桜の葉と花びらが入って香もよく、訪れた観光客はもとより、地元の方たちにとてもおいしいと喜ばれ、予想を上回る売れ行きで、大好評をいただいております。

思わぬお客様との会話が楽しいとメンバーの方が喜んでいたり、意外なことに写真屋さんでたくさん売れたりしています。

地域全体が華やいだ雰囲気になり、町全体の活性化に貢献しています。

おいしいものを食べて思わず笑顔になり、皆の明るい会話が弾むきっかけになっているのはとても素晴らしいことです。楽しい町おこしにご活用いただけたら幸いに存じます。

皆様に喜んでいただける商品をこれからもご紹介してまいります。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6

【町おこしプロジェクト】大宮の鉄道博物館で町おこし
掲載日: 2008/3/31
サムネイル 「くろがね倶楽部」

『鉄道』を軸に、楽しい商品開発を目指します。
鉄道文化の普及とおいしいもの、楽しい物を通して『町おこし』をしてゆき、地域の活性化、発展を志す。地域の元気が一番です!

←動輪ロール
●10年間ソニックシティーを拠点にして学び続けている異業種交流の勉強会メンバー(有限会社から一部上場企業の社長まで)を中心にそれぞれの人脈を駆使しネットして行きます。

●団塊の世代や農産との連携、障害者の方々、子育て支援として活動している団体などの協力も得て、着実な成長を目指して行きます。

●商品は、おもちゃとして鉄道に親しむ小さな子供たちから、移動手段としてSLを実際に利用したことのある熟年またはそれ以上の年代層まで、更に社会科見学や観光目的で鉄道博物館を訪れる客から、鉄道が好きでたまらないファンが何度も繰り返し訪れてくれるような商品を順次展開してゆくことを企画していきます。

大宮の鉄道博物館を『人が集まる楽しみの拠点』として発展させて行きます。

バックスタッフとして、50年来の鉄道ファンの方、大学の鉄道研究会のメンバー、JR系の役員の方、どっちの料理ショーで有名になった食品メーカー社長、天皇陛下も見学にいらした足袋メーカーの社長、有名繊維メーカーの社長、IT戦略アドバイザー、NPOの障害者施設代表、警備保障会社の社長、カメラ部品メーカー社長、車両パーツメーカー社長などの方々が協力して下さる予定です。

ダンボール機関車 お土産に「機関車ケーキ」!
写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6